世界の抗うつ薬市場-推進要因、制約、機會、傾向、および予測2018– 2030年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の抗うつ薬市場:世界的な需要の分析及び機會展望2030年」2020年10月 29日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086011
レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の抗うつ薬市場は、2022年に206憶米ドルの市場価値から2030年末までに253憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に3%のCAGRで拡大すると予測されます。

 

[調査レポートの詳細內容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/antidepressant-drugs-market/10086011

世界レベルでは、3億人以上がうつ病に苦しんでいると推定されています。これは、世界の総人口の4.4%に相當します。うつ病のブランド化された効果的な治療法はありますが、影響を受けた人々の10%未満しか治療されています。

効果的なケアの課題には、資本の不足、資格のある醫療提供者の利用不能、精神障害に関連する社會的不名譽が含まれます。これらに加えて、狀態の不正確な評価も世界的に直面している課題です。政府のイニシアチブは市場シナリオを大きく変えてきました。世界的に意識を高め、自殺率を下げるために多くのイニシアチブが取られています。うつ病は、世界保健機関(WHO)のメンタルヘルスギャップアクションプログラム(mhGAP)によって制限されており、醫療従事者による特別な支援を通じて、國が精神障害に苦しむ人々のための施設を増やすのを支援います。

また、うつ病の治療のために、WHOによって特別な組織が設立されました。これらな組織は、市場の満たされていないニーズに対応する革新的な醫薬品の開発に努めています。

うつ病には、前向きな感情の欠如、気分の落ち込み、および関連するさまざまな認知的、身體的、感情的、行動的癥狀を特徴とするさまざまなメンタルヘルスの問題が含まれます。 これは、アメリカ人の5人に1人が罹患する非常に一般的な病気です。遺伝子、ストレス、脳の化學反応などの要因を含む、うつ病を引き起こす多くの要因があります。

うつ病の內訳レビュー:

うつ病によると、大うつ病、強迫性障害、全般性不安障害、パニック障害などに分割さられます。大うつ病は、ほとんどの人がストレスの増加のためにこの病気と診斷されることが多いため、市場の成長の最大の要因です。しかし、OCDは最も急速に成長している市場セグメントです。

市場セグメンテーション洞察

製品に基づいて、市場は三環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、セロトニン-ノルエピネフリン再取り込み阻害薬、モノアミンオキシダーゼ阻害薬、およびセロトニン再取り込み阻害薬と拮抗薬などに分類されます。選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、そのような薬剤が多數存在するため、主要な市場セグメントになっています。

レポートでは、各セグメントの成長機會とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百萬単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

地域によって市場セグメンテーション洞察

世界の抗うつ薬市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米が抗うつ薬市場の最大のシェアを占めており、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域がそれに続きます。北米だけでも市場の30%以上を占めています。また、米國は北米の市場の成長に大きく貢獻していると予測されます。

世界の抗うつ薬市場は、地域に基づいてさらに區分されます。
  • 北米(米國およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機會分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機會分析。
  • アジア太平洋(中國、インド、日本、韓國、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機會分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長國連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機會分析。
レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
世界の抗うつ薬市場における業界のリーダーはPlc, Allergan Plc, and Bristol Myers Squibb Co.. , Eli Lilly and Co., GlaxoSmithKline Plc, H. Lundbeck, Merck & Co., Inc., Pfizer Inc., Teva Pharmaceutical Industries Ltd., Takeda Pharmaceutical Co. Ltd.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、會社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総數、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086011

Kenneth Research會社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが將來の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機會を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化學など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業擔當者の連絡先や、イベント?記者會見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※內容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の抗うつ薬市場-推進要因、制約、機會、傾向、および予測2018– 2030年