世界の血漿市場-タイプ別(免疫グロブリン-IV + SC、アルブミン、第VIII因子-血漿由來)、エンドユーザー別、アプリケーション別地域別、國別:機會と予測2030年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の血漿市場:世界的な需要の分析及び機會展望2030年」を2021年10月 27日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086089
レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の血漿市場は、2022年に330 憶米ドルの市場価値から2030年末までに643憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に10%のCAGRで拡大すると予測されます。

血漿は、血液の最大の成分である、麥わら色の血液の液體成分です。さまざまな種類の栄養素をさまざまな臓器の細胞に運ぶための輸送媒體として機能し、さまざまな種類の老廃物を細胞から腎臓に輸送して排泄する役割も果たします。それは體の血圧を維持するのに重要な役割を果たし、また恒常性を維持するのに役立ちます。さらに、それは體のさまざまな部分にいくつかのホルモンとタンパク質を輸送し、血液凝固と病気との戦いに役立ちます。

 

ソース: CDC

[調査レポートの詳細內容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/blood-plasma-market/10086089

血友病の有病率の上昇
血友病Aおよび血友病Bに苦しむ人々は、血液凝固因子(血液凝固タンパク質)が不十分であることがよくあります。體內の血漿には、第VIII因子、第IX因子など、いくつかの血液凝固因子またはタンパク質が含まれています。血友病Aに苦しむ患者は第VIII因子の重度の欠乏に苦しんでいますが、血友病Bに苦しんでいる患者は第IX因子の重度の欠乏に苦しんでいます。

世界の血漿市場の成長は、主に生命を脅かす病気、特に血友病の有病率の増加によって推進されています。市場の成長を促進する他の要因には、血漿由來製品の採用の増加、世界の高齢者人口の増加、および血液と血漿の寄付に対する意識の高まりが含まれます。しかし、血漿誘導體療法の高コストや血漿補充療法に関連する術後リスクなどの要因は、市場の成長を妨げます。

世界の血漿市場のセグメンテーション洞察
市場は、タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分割されています。タイプによって、市場はアルブミン、第VIII因子、第IX因子、免疫グロブリン、高力価免疫グロブリンなどに區分されます。アプリケーションによって、市場は血友病、低ガンマグロブリン血癥、免疫不全、フォンウィルブランド病(VWD)およびその他のアプリケーションに分割さられます。さまざまなエンドユーザーによって、市場は病院、診療所、その他のエンドユーザーに分割されています。レポートは、各セグメントの成長機會とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百萬単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の血漿市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東?アフリカなど地域によって分割されています。

北米は2020年に最大の市場シェアを占め、ヨーロッパがそれに続きました。一方、人口ベースが高く、可処分所得の増加、血漿誘導體に対する患者の意識の高まりは、予測期間中、アジア太平洋地域が市場を支配すると予想されます。さらに、アジアは生命を脅かす病気の中心となっている大陸です。この要因も市場の成長を牽引する可能性があります。

世界の血漿市場は、地域に基づいてさらに區分されます。
  • アジア太平洋(中國、インド、日本、韓國、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米國およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長國連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英國、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

 

 

 

世界の血漿市場における主要企業
世界の血漿市場における業界のリーダーはChina Biologic Products, Inc., Kedrion Biopharma, Inc., BDI Pharma, Inc., Bayer AG, and Hualan Biological Engineering , Inc.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、會社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総數、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086089

Kenneth Research會社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが將來の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機會を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化學など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業擔當者の連絡先や、イベント?記者會見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※內容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の血漿市場-タイプ別(免疫グロブリン-IV + SC、アルブミン、第VIII因子-血漿由來)、エンドユーザー別、アプリケーション別地域別、國別:機會と予測2030年