世界の再生可能メタノール市場ー原料別(農業廃棄物、林業廃棄物、都市固形廃棄物、Co2排出量、その他)、用途別(ホルムアルデヒド、その他)、エンドユーザー別、および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.が「世界の再生可能メタノール市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年11月15日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58634
再生可能メタノール市場は、2022年に36.9億米ドルの市場価値から、2030年までに54.8億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に5.8%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細內容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-renewable-methanol-market/122

再生可能メタノールは、持続可能なバイオマスに由來する超低炭素化合物の一種であり、しばしばバイオメタノールとして知られています。またこれは水素と二酸化炭素からも生成されます。再生可能メタノールは、通常、再生可能エネルギー源、特に産業廃棄物やバイオマスから得られる第2世代のメタノールと見なされます。これはバイオディーゼル生産にとって不可欠なインプットであり、化學原料として処理したり、自動車燃料にブレンドしたりすることができます。再生可能なメタノールの製造は、二酸化炭素が一酸化炭素に置き換わっている従來のメタノールに非常に匹敵します。したがって、これらの要因は、世界中で再生可能なメタノールの需要を推進すると予想されます。

さらに、二酸化炭素排出量の増加、および二酸化炭素レベルを削減するための厳しい環境規制の存在は、予測期間中に再生可能メタノール市場の成長を推進する主要な要因です。カーボンブリーフ組織によると、インド政府は、炭素排出の強度を33ー35%削減し、2030年までに再生可能エネルギー容量を40%に引き上げることを約束しました。これは、世界中の再生可能メタノール市場の成長を推進することが期待されます。

さらに、最近の世界中でのCOVID-19の蔓延は、再生可能なメタノール産業に悪影響を及ぼしています。新規コロナウイルスの蔓延を防ぐために政府によって課された封鎖により、製造作業が一時的に停止されたため。これにより、再生可能なメタノールの需要が不足しています。一方、インフラストラクチャのセットアップの限られた可用性は、2022ー2030年の予測期間中に再生可能メタノール市場の成長を抑制する可能性があります。

再生可能メタノール市場セグメント

再生可能メタノール市場は、原料別(農業廃棄物、林業廃棄物、都市固形廃棄物、Co2排出量、その他)、用途別(ホルムアルデヒド、ジメチルエーテル、ガソリン、溶剤、その他)、エンドユーザー別(化學、輸送、発電、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

再生可能メタノール市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は、市場シェアの點で世界をリードする地域です。これは、再生可能メタノールの消費者の広範な存在、とこの地域の再生可能セクターへの政府による多額の投資に起因しています。さらに、アジア太平洋地域の再生可能メタノール市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/CAGRを示すと予想されます。これは、地域全體の環境における炭素排出レベルを削減するための対策が強化されたためです。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに國に分割されます:
  • アジア太平洋(中國、インド、日本、韓國、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米國およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長國連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英國、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
再生可能メタノール市場の主要なキープレーヤー

再生可能メタノール市場の主要なキープレーヤーには、Advanced Chemical Technologies、BASF SE、Carbon Recycling International (CRI)、Enerkem、Fraunhofer、Innogy、Nordic Green、OCI N.V.、Serenergy A/S、Sodraなどがあります。この調査には、再生可能メタノール市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58634

SDKI Inc.會社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中國、米國、カナダ、英國、ドイツなど、さまざまな國の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競爭環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重點を置いています。SDKIは、30か國以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業擔當者の連絡先や、イベント?記者會見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※內容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界の再生可能メタノール市場ー原料別(農業廃棄物、林業廃棄物、都市固形廃棄物、Co2排出量、その他)、用途別(ホルムアルデヒド、その他)、エンドユーザー別、および地域別ー予測2022ー2030年